NO FISHING , NO LIFE

気ままにメバログ

m ebalog .com

6

2016年12月25日(日)6:30~14:00

 

 

 

メリークリスマース、sakipapaデース\(^^)/

 

 

 

今回の釣りネタはオフショアフィッシング(船釣り)です♪

 

 

そしてターゲットは、初めての・ア・マ・ダ・イ・♪

 

 

皆さんアマダイと聞くと、タイの仲間を想像するかと思うのですが、実はこの魚はスズキの仲間

 

身がやわらかく上品な味わいの白身の高級魚で、種類としては、アカアマダイ・シロアマダイ・キアマダイの3種類

 

良く釣れるのはアカアマダイだそうですが、一番美味しいのはシロアマダイとの事です(^∧^)

 

 

 

さてさて前置きはこれくらいにして、今回お世話になった船宿は、相模川河口、湘南大橋の袂にある豊漁丸さん

 

相模湾の四季の釣りを楽しめる、特にマダイとアコウダイを得意とする船宿だそうです(船宿webサイトより)

 

 

 

そして今回準備したタックルはこちら

・ロッド:DAIWA 極鋭ギア MH-240(錘負荷50~100号)

・リール:シーボーグ200J-DH

・ライン:PE2号×300m+フロロ20lbリーダー

 

 

 

実はこのタックルは少し悩んだんです・・・・

 

 

相模湾のアマダイ釣りは、通常のアマダイ釣りとLT(ライト)アマダイ釣りの2種類の釣り方が存在するようで・・

 

 

通常のアマダイ釣りは、60~80号の錘とPEライン2~3号の電動タックル

 

LTアマダイは、40号の錘とPEライン1~2号で手巻きタックル

 

 

じゃあ今回の豊漁丸はどっちな~~ん???

 

 

って迷いましたが、錘は60号というのを確認して上記の電動タックルを準備しました♪

 

 

 

そして仕掛けはこちらを準備

・錘:60号(一応40号と50号も持参)

・天秤:40cm片天秤

・仕掛け:アマダイ仕掛け2本針

 

 

付けエサは船宿で購入したこちらのオキアミ

 

付け方は尾を切り取って真っ直ぐになるように針に装着

 

 

 

それではタックルと仕掛けの準備が出来た所で出港デース(^^)/

 

ものの数分でポイントに到着、まずは近場の平塚沖から♪

 

 

 

早速、船長さんの「はいっ、75m!」の合図で開始です(^^)/

 

 

 

誘い方はこんな具合

 

・先ずは仕掛けを投入

・着底を確認したら錘を底から1m程巻き上げ

・そのまま20~30秒ほど待ってアタリがなければ、1~2mほどゆっくりと大きく誘い上げ

・そしてまたゆっくりと誘い下げ

・また少し待つ

・何度か誘ってアタリがなければ、再度底まで錘を落として棚を取り直し

・上記を繰り返して5~6分ほどしたら、エサが着いているか、仕掛けが絡まってないか確認するために巻き上げ

・そしてエサを付け替えて再投入

 

 

 

実際アマダイは海底から1mの間の棚にいてエサを待っているんだそうです。

 

なので、要はエサを底から50cm前後の棚を意識して馴染ませたり、誘ったりが重要なのです(^∧^)

 

 

 

 

そして誘うこと数投目・・

 

 

「グンッ?」

 

 

結構ソフトなアタリですが、竿をゆっくり上げて聞き合わせると・・

 

 

「ゴンッゴンッゴンッ!」

 

 

最初は手巻きでゆっくりと巻き上げ、大人しくなったら電動で一気に巻き上げ♪

 

 

「きゅぅぃ~~~~~んっ!」

 

 

最後はハリスを持って引っこ抜き・・

 

 

じゃーん!

 

 

記念すべきアマダイ1尾目をゲット♪

このピンク色の魚体が見えた時の嬉しさは堪んないですね~(^-^)

 

 

 

 

その後も同様の誘い方でポツリポツリと釣果を伸ばします♪

 

 

 

 

他にはこんな外道達も♪

 

 

 

 

上から、トラギス、ヒメジ、サバフグ、ガンゾウビラメ、ホウボウ(カナガシラ?)かな

 

 

 

 

船は平塚沖から大磯沖、更には二宮沖の方へ

富士山見えてるの分かるかな?

 

 

 

 

そして本日の山場はここ!

 

 

誘い上げのアクションで「ググンッ!」っとアタってから聞き合わせを入れると・・

 

「ゴンゴンゴンッ!」

 

少し巻き上げるとまた

 

「ゴンゴンゴンゴンッ!!」

 

っと暴れます。

 

 

これをシーボーグのパワーでお構い無しに巻き上げます(^∧^)

 

 

「きゅぅぃ~~~~~~~~~~~~んっ!」

 

 

最後にまたひと暴れ

 

 

「ゴンゴンゴンゴンゴンゴンッ!!」

 

 

そして見えてきたのは、大きなピンク色の魚体♪

 

 

じゃーん!!

 

 

今日一番のナイス引きでした(^o^)v

 

 

 

 

・・とやっていると、時刻はあっという間に沖上がりの時間(^-^)

 

 

 

 

そして気になるのは・・

 

  

本日の釣果♪

アマダイ8尾(30cmオーバーは2尾)でした♪

 

最大はこちら

ナイスな引きを見せたアマダイは36cmでした♪

 

 

ちなみにこの日の豊漁丸の釣果は釣り客4人で、アマダイ1~11枚だったようです。

 

 

 

 

 

最後に

 

先ずは今回お世話になった豊漁丸さんありがとうございましたm(__)m

 

いや~アマダイ釣り楽しかったです\(^^)/

 

常に誘って釣るのでカワハギ釣りなんかと同様、釣った感が堪んないですね。

 

そしてパワーのある引きもかなり楽しかったので、LTタックル、手巻きタックルだと更に楽しめると思います。

 

LTアマダイも機会があればやってみようかな~♪

 

 

 

 

次回に向けて備忘メモ

 

◆根掛かりロストはゼロだったが、途中フグにやられてハリスを何度か切られた⇒仕掛けは3セットでギリギリ、もう少し多めが安心

 

◆エサのオキアミは半分も使用しなかった⇒オキアミはケチらずに毎回交換する

 

◆途中後ろの方と2回お祭り、錘を60号から50号に変更したらその後はお祭りゼロ⇒錘は10号刻みで持っていると可

 

◆水深は60~90m程度

 

◆途中当たらない時間に棚を底から0.5mに変更したら釣れた⇒棚を変えてみるのも可

 

◆アタリは誘い上げた時、誘い下げして数秒待った時が多い⇒もう少しテンポ良く誘っても良かったのも

 

◆針を飲み込まれる事が多く、そのまま引っ張るとハリス切れ⇒針を飲まれたらエラごと切断して針を外すと良い

 

◆仕掛けを投入して5分程度経ったら一旦回収して仕掛けをチェック⇒リールのタイマーで時間を確認すると便利

 

くらいかな~

 

 

 

 

それでは、sakipapaでした(^^)/~~~♪

 

 

 

2016年12月25日(日)6:30:~14:00

曇り 後 晴れ 江ノ島 中潮

満潮3:21 潮高133

干潮8:12 潮高88

満潮13:49 潮高134

 

 

関連記事