NO FISHING , NO LIFE

気ままにメバログ

m ebalog .com

2
2018年5月12日(土)22:00~26:30
横浜某所 晴れ 中潮


こんにちは~。

何処で釣ろうか迷いがあったり、あれもこれも釣りたいと欲張ったりすると、得てして貧果に終わる事ってないでしょうか。

今回の釣行が正にそんな感じで、家を出てからも決めきれず、悩みながら釣り場に向かったのでした。

『メバルにしようか~、やっぱりアジにしようか~、うーん』


結局向かった先は前日に本命ボーズを喰らった某護岸、そしてターゲットはメバル♪


22:00に現地に到着すると、南西の風6mの予報通りにかなり爆風(@_@)

まぁこれは想定の範囲だったので、風と寒さに耐えながら探ってみますが、潮の流れなど海の感じは前日とほぼ変わらず。。

この風のせいだとは思うのですが護岸には釣り人は少なく、この状況で粘っても急に釣れ出すとは信じきれなくなり、30分ほどでギブアップ(´Д`)



結局、風裏の湾奥ポイントへと移動して、アジングをする事に。

狙いの場所に到着すると、風裏ポイントかつ人気ポイントとあって、常夜灯付近はアジンガーでび~~っしり。

釣り座を探して10分くらいウロチョロしていたら、常夜灯下の団体さんが帰り支度を始めていたので、声を掛けて場所を譲って頂き、ようやくアジング開始♪

前日に立ち寄った時にはポツポツと釣れていたし、これだけ人がいるなら釣れているだろうと、高をくくっていたのですけど、1時間ほどやっても一切アタリ無し。

途中、啄む様なアタリやラインに絡む感触がありましたが、これは恐らくシコイワシ。シコイワシの群れが居るのでアジが入ってこないのか?

唯一の見せ場は、隣のお兄さんが掛けたマゴチをタモで掬ってあげたくらい(^_^;)

ポツポツでもアジが釣れてくれると思っていたのですけど、これ以上待っても群れがやってくる保証はない。

しかも釣れたとしても豆アジポイントなので、ハイリスクローリターン。。



なーんて考え、再び先ほどの護岸へとリターンする事に♪

もう頭の中ブレブレですが、『潮止まり直前にメバルが釣れるかも?』って考えです。


最初のポイントに戻った時には既に25:00過ぎ。

しかも風は更に強さを増していて、時折体が煽られるくらいの突風が吹いています(@_@)

4.0gのスプリットシンカーに0.3gのジグヘッド、最近好調のガルプベビーサーディンを装着してサーチ開始。

ただし、潮の流れは緩い小康状態を保ったまま、アタリがないのかアタリを感じ取れないだけなのか、全く動きのないまま1時間が経過。

『うん。ラスト30分やって帰るべ。』

ほぼボーズを覚悟していたその時・・

風で何やら良く分からなかったのですが、リトリーブしていたロッドを持つ手に違和感を感じ!?

取り敢えずゆっくりと聞き合わせてみると「ずしー」っとロッドに重みが加わり・・・

「ガンガンッ」

「ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」

ようやくの魚信ですが、ギリギリセッティングのドラグをモノともせず、走るわ走るわ。

しかも爆風の風下に向かって、潮下に向かって走るもんで超重い(汗)

「これを逃したらボーズ確定やな~」とか考えながら、走りを往なす事も出来ずにひたすら耐えて、タイミングをみては巻き取っての繰り返し・・

そして長い事やり取りしてようやくキャッチしたのはこの魚体♪

本命のメバルでもないし、アジでもないのですが、相当嬉しいキャッチ(^o^)v

サイズは60cmあるか、ギリないかと言った所

引きからはもう少しサイズあるかと思ってましたが(汗)


そしてこの時間帯が今宵の時合いだったのか、数分後に良型メバルらしき魚を掛けたのですが、手前に向かって走られた上に風でロッド操作をミスって、足元で痛恨のバラシ(T_T) ←しばらく放心状態

更に乗らないアタリが数回あった後、また元の何も反応しない海、風だけが吹き荒れる海に。。。


以上、最初から最後までブレブレ釣行だったのですが、奇跡的にシーバス1匹釣れてくれたので、今回も楽しむ事が出来ました♪

また頑張ります。それでは(^^)/~~


2018年5月12日(土)22:00~26:30
横浜某所 晴れ 中潮
干潮21:15 潮高58
満潮3:19 潮高171





関連記事